ヤマハのバイクのコトが知りたいのなら、どこに行く?

愛知県西春日井郡豊山町という名古屋市北区の上、小牧市の下にあるヤマハのバイク屋です。

柴田の一切役に立たない能書きです。

ヤマハの宝、セローがもうすぐ終わります。

みなさん、バイクに乗っていて崖から落ちたことはありますか?
またバイクが泥に埋まったことはありますか?

blog_import_50cc646e788b6













こーゆー状況を、「スタックした。」と言います。

崖も泥も、そう簡単には脱出できません。
ましてや自分自身も怪我や泥まみれ、OFFブーツ履いた足、そして濡れた斜面でバイク引き起こそうと格闘していると、ホッペタを伝わるのは汗か涙か分かりませんな。

そんな時、役に立つのがコイツ 

no198_YAMAHA-SEROW250_07


















スタックバー です。

前回の後ろ左右についているバーも含めて、そう呼びます。
最近はあまり聞かない名前ですね。

この場所ですからライダーより、実際にはヘルプに来てくれた人が掴む場合が多いバーですな。
ライダー自身はハンドルを握って押しているパターンです。

そーなんですよ。
たとえ二人がかりでも登るのですよ。
意地でも登る、さらに上へ奥へ行くのです。

このセローブログの最初に「これがセローの本質を表す部品です。」と書いたのは、こーゆー意味ですな。


そして「正常進化」とは、さらに登るために改良されたという意味です。
2型になりガソリンコックを別体式にしたのは、タンクを大きくしただけではなくコック分(30ccほど)でもガソリン容量を増やしたいのと、長く続く急斜面でも安定してガソリンをタンクからキャブへ流すためです。
ハンドルをOFF車なのに幅を狭くしたのは、生い茂る木々をかわしながらもさらに奥へ進むためです。
重くなるのを承知で当時のOFF車ではありえないセルモーターをつけたのは、「どんな姿勢でも安心してエンストできる。」ようにです。


ここまで来ると、バイク置いて徒歩の方が速いような・・・
なんて事はヤマハのバイクに携わっている身である以上、クチにしてはいけません。

セローを作った人(ヤマハの近藤さん)は、いったいどこまで登りたかったのでしょうか?

serow_prototype



















セローの開発コンセプトは、登る、下る、転ぶ。

1985年、セローは転ぶために作られたのです。

ヘンなバイクだ・・・



PRO-TEC名古屋北
柴田 典生



ヤマハの宝、セローがもうすぐ終わります。

前回で「セローは2輪2足で、足ついてナンボ。」と言いましたが、当時ヤマハのセロー開発陣はさらにその先を見ていました。
当時はバイク屋に貼ってあったセローのポスターなんて気にも留めませんでしたが、今見直すとスゴイですな。

1kt3_catalog

















黄色の矢印を拡大すると・・・

1kt2_catalog














乗ってさえいねぇ!!

「セローは押してナンボ。」とでも言いたいのでしょうか?
バイクのポスターなのに、バイクに乗っていない!
ようこんな企画、レイアウトが通ったな・・・。

IMG_20200125_111617




















この写真を見ると、このバーの使い道がわかりますね。

実はこのバーは荷掛フック用ではありませんし、タンデム用でもありません。
オーナーの方、位置も寸法も半端だと思いませんでしたか?
他のオフロードバイクにはついていないのに、セローにだけ左右共についているのは山を登ったり下るための装備だったのです。
ガレ場(大き目な石や岩だらけの斜面)、マディ(泥、ぬかるみ路面)でも山に登り、そして無事に降りてくるには必須の装備ですな。

トライアルバイクでもなく、オフロードバイクでもない、マウンテン・トレールバイクたる所以です。


1kt23_catalog







ちなみにポスターのオレンジ矢印ロゴマーク、ヒマラヤカモシカではなくて 鹿 です。
フェルタンクなどにも 鹿 のマークが貼ってあります。

超初期型だけの激レアマークですので、街で見かけたら幸運の印です。
(ヤマハ関係者にとっては不運の印ですが・・・)


「なぜ 鹿 なのか?」
理由が知りたい人は、奈良県人にでも聞いてください。




PRO-TEC名古屋北
柴田 典生

ヤマハの宝、セローがもうすぐ終わります。

1985年から続いたセローの思い出です。

XT225から始まるセローの歴史やスペックは、今どきwebで検索すればいくらでも出てくるのでソッチに任せましょう。

私が19才の未来ある美青年だった1985年、レーサーレプリカブームのど真ん中でセローは発売されました。
単なるバイク小僧だった私は「4サイクルのオフロード、それもSOHCの225cc空冷。」なんて、「話にならん。老人用バイクですか?」って感じでした。

知り合いのバイク屋で乗る機会があり、実際に乗ってみましたが「とにかく遅い・・・。絶対にいらん! 買うならDT200Rだわさ!」が第一印象でした。
今はなき、長久手にあった(誰かが勝手に作った?)モトクロスコースでの感想です。

実際にデビュー1年目は売れなかったハズです。
現に私の友人には1台もいなかった。

c21c121703a9c8118c585745d5c330a7f11ca221_large


























私、いや皆が知らなかったんですわ・・・
バイクって、ステップに足を乗っけてのる乗り物だと思いこんでいたのです。


「二輪二足」

後にセローを表すために、ユーザー側が造った言葉ですな。



大変申し訳ありません。あのシート高、あのステップ位置、全部「足をついてでも進む。登る。」ための装備です。
決して「小柄な体格の方用バイク。」ではなかったのです。
このバイク、ステップに足を乗っけて走っているうちは性能の半分も使っていなかったんですな。
根本的に他のバイクと違っていたのです。


地面にタイヤと足、4つ使って山登りをするから「二輪二足」。
4脚使って山登るから、カモシカです。
( ↑ ハイ、林先生も初耳かもしれません。メモを忘れずに。)



PRO-TEC名古屋北
柴田 典生

ヤマハの宝、セローがもうすぐ終わります。

これが最後らしいです。

ヤマハの場合は「最後のモデル」と発表し、その後「ご要望多数につき、再生産いたします。」をしたことが一度もありませんので、本当に最後のモデルになるハズです。

IMG_20200116_134544




















初期型が発売された1985年、当時すでに私もバイクの免許を取得して乗り回しておりましたので、無くなるのは感慨深いですな。
発売されたとき、10代の小僧であった私でさえ思いました。

「これはヤマハらしいバイクだわ・・・。」

多くのベテランおっさんライダーが良く口にする、「何でもいいから、とりあえず一回セローに乗っとけ。」

たぶん同じ意味だと思うし、おっさんになった今は改めて深く思います。


ちなみにこれがセローの本質を表す部品です。 

IMG_20200116_134238




















プロとして常に新型モデルを学びながら日々バイクに触れている私が、懐古主義なんかではなく、キチンと正常進化をしながら35年も続いたセローへの敬意を含め、しばらく語っていきます。


ヤマハにとってYZF-R1は「武器」ですが、セローは「宝」です。


PRO-TEC名古屋北
柴田 典生

鈴鹿8耐で負けたYAMAHAに、4個目のダメを出す。

4つ目のダメだし 「運も悪かったな・・・」


「運も実力のうち」と良く言いますが、レースでは負けた本人が 「運」 を口にしてはいけません。

「その時、その場所に、そのポジションにいたのは、お前の実力だ。」と怒られます。

しかし、今回はとにかく赤旗の出たタイミングが悪かった。 
こればっかりはヤマハのセイじゃないですな。

おかげでスッキリしない結末となってしまいました・・・。

Red_flag_f1














外から見た時系列の確認です。

① 19:14   ピットインした#2 S.E.R.T.のマフラーから炎が出ているのを確認
② 19:15   #2 S.E.R.TはEWCチャンピオン奪取がかかっていたので、修理せずに即ピットアウト
  (故障を知っていたが、修理をすると時間がかかる。)
③ 19:24   数周後、#2 S.E.R.T.がストレートエンドで白煙を上げる
④ 19:24   #2 S.E.R.T.は30秒ほどそのままコース上を走行するが、途中でSTOP
⑤ 19:25   オイル旗が掲示される
⑥ 19:26   セーフティーカーが走行準備をするが、コースインはしない
⑦ 19:28   #10 Kawasaki Racing Team が転倒
⑧ 19:28   即赤旗提示され、そのままレース終了

結果として、「赤旗中断前の周回順位1位」の、#10 Kawasakiが優勝で終了です。

現場やTVでは、一見 #10 Kawasakiの転倒で赤旗が出たように見えました。
だからこそ、「赤旗の原因が優勝???」という違和感があったのです。

a07eb75f67eae93f55d32fd0f126766e52f7389b_xlarge












先ずは今回の8耐、以前のレースより安全を優先して「早めに赤旗中断もあり。」という前提で開催されました。
毎年高まる「安全意識」、頻発するバイク事故による風評、前日の台風によるスケジュールの乱れなどのためです。


内側では何が起こっていたのか?

上記の③、#2 S.E.R.T.が白煙を上げた時点から始まります。

① 白煙を上げたマシンを見て、即赤旗の準備がされる。
② しかし即中止すると今シーズンのEWCチャンピオンが 、
#2 S.E.R.T.に決まってしまう。

赤旗が振られた場合、振られる周回の前の順位で決定され、#11Kawasaki/FRANCEが遅れていたために、正に赤旗の原因をつくった#2 S.E.R.Tが、累積ポイントの結果でEWC年間チャンピオンになってしまう。それは避けたい。

レースディレクターなら、そう判断するのは正しいですね。


③ その事態を避けるため、#11 Kawasakiをもう一周させる事にする。
④ 安全に終わらせるためにセーフティーカーを検討、準備に入る。
⑤ 
コースの一部に小雨が降っていることがマーシャルより報告。
⑥ オイル漏れではなくオイル白煙による路面全面悪化、小雨、夜という状況になる。
⑦ 終了時間が迫っていたため、セーフティーカーによる隊列整列前にレース終了してしまう可能性が出る。
⑧ バラバラ、テキトーなゴールは国際レースの格式上、避けたい。(カッコ悪い)
⑨ さらにはセーフティーカーを入れてスロー走行させても、走行は危険であると最終判断。
⑩ 赤旗による即レース中止を決定する。

①~⑩までに要した時間、わずか2分30秒です。
レースディレクターの判断は迅速であり、的確だと思います。

そして赤旗を振ろうと決めた矢先、#10KawasakiがS字で先にコケタ・・・

⑪ 即赤旗振り、レース中止。
⑫    一見、#10Kawasakiが転倒したために中止したように見えた。

20190728_32


















んな、アホな・・・


#10のKawasaki転倒が原因で赤旗なら、#21YAMAHAが勝ちだったのね。
(赤旗の原因チームが勝つのはおかしいと、誰もが思うし、上記もそう判断した。)
 
誰よりも、「んな、アホな・・・」と思ったのは、レースディレクターかもね?



けれども #10 & #11の両Kawasakiも、まったく悪くないですね。
だからこそYAMAHAも、即Kawasakiさんの優勝を認めました。

カワサキさん、優勝おめでとうございます。




しゃーない、これもレースです。

途中でわざと抜かなかったのも、ピットで3秒遅かったのも含めて、
その時、その場所に、そのポジションにいたのは、ヤマハの実力です。

ここは「運」じゃない。




今年の8耐と同じように、このネタも尻すぼみで終了です・・・。
(たぶん大体は合っているはず。後は中の人に聞いてください。)



PRO-TEC名古屋北
柴田 典生









プロフィール

YSP名古屋北の中...

今さら始めたTwitter
愛知県西春日井郡豊山町という名古屋市北区のちょい上、小牧市のちょい下でヤマハのバイク屋さんを営業中です。国道41号線沿いで名古屋空港の近くです。 原付スクーターから輸入車まで、通勤用バイクからレース用まで、なんでもお任せください。 とりあえずテキトーに遊びにきてください。
ギャラリー
  • YZF-R1/6のレースベース車ご予約開始です。
  • YZF-R1/6のレースベース車ご予約開始です。
  • e-VINO ご納車おめでとうございます!
  • YAMALUBE ブルーバージョン For スクーターオイルキャンペーン
  • YAMALUBE ブルーバージョン For スクーターオイルキャンペーン
  • MT-07 ご納車おめでとうございます。
  • YZF-R1 サイドポットが発売されたのです。
  • YZF-R1 サイドポットが発売されたのです。
  • アクシスZのご納車おめでとうございます。