ヤマハのバイクのコトが知りたいのなら、どこに行く?

愛知県西春日井郡豊山町という名古屋市北区の上、小牧市の下にあるヤマハのバイク屋です。

柴田の一切役に立たない能書きです。

暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ⑤

さてと・・・
柴田の個人的な暖機運転方法と思いをお話しましょう。

正解かどうかは知りません。
単なる趣味の暖気運転の屁理屈ですので、ツッコミ禁止です。

lgf01a201308171800-1024x683


















前提としては7日ぶりに乗ろうとしている4サイクルエンジンのバイク、一般的なインジェクション&水冷エンジンであり、もちろんフルノーマル車の公道用です。
そして外気温は8°で屋外保管中、ちょっとだけのプチツーリングにでも行くつもりでエンジンをスタートしようとしている時のお話です。


先ずはメインスイッチを入れて・・・

キーのイモビライザーがICチップ情報を認識し、盗難抑止機構が解除されます。
そしてメーターに電源行き、照明が点灯します。
各警告灯が一旦点灯して消えるべき灯は消え、残る灯が残れば、「ECUが正常に立ち上がり、各センサーやリレーもECUに認識された。」という事になります。

そして燃料ポンプの作動音が、「コクコクコク・・」としてから止まるまで待ちましょう。
これでインジェクションノズルまで燃料の圧力が均等にかかり、正常に燃料噴射ができる準備が整ったことになります。

ここまで約5秒、あっという間ですが目覚めるには大切な時間です。



そしてスターターボタンを押し、エンジンを掛けます。

インジェクションノズルからガソリンが噴射され、プラグに火が飛びます。
このとき、アクセルは全く触りません。全閉の状態です。
正常なインジェクション車であれば、これでスタートできるハズ。

エンジンが掛かり、少しだけ高めのアイドリングが始まりました。
一週間不動だったためにクランクケース下部に降りたエンジンオイルを、オイルポンプが吸い上げます。
(※1)
しかしオイル温度は外気温とほぼ同じのため、固くてスムーズには流れません。

固いオイルをポンプが吸い上げて、クランクシャフトの軸受けまで運びます。
暖機後ならピストン裏やシリンダー壁に柔らかいオイルを吹き掛けてくれますが、最初はまだまだ無理ですね。
そしてやっとこの思いでシリンダーヘッドまで運び、カムシャフトやロッカーアームなどをオイルで浸す事が出来ました。
シリンダーヘッドが満たされてオイルがこぼれ落ち、クランクケース下部に戻ってきて、ようやくオイルが一周した事になるので、オイルライン(通路)にオイルが満たされ安心して回転数を上げる準備ができました。

ここまでスタート後、約1分ぐらいの時間です。


水温計は「LOW」を表示しているママで正確な水温度は不明ですが、愛知県平野部でクーラントが凍結するような気温になることはありませんので放っておきましょう。
(※2)


しかし、まだまだ跨って出発はできません。


43ded0734cbe62a143c0d40b0f002914_l


















※1) 一週間どころか数か月エンジンを掛けなくても、オイルが乾いてドライスタートになる事はありませんのでご安心ください。

※2) 2年に一度、定期的に交換された正しい濃度のクーラントに限ります。






自分でも思ったより長文になるわ・・・(;^_^A

続きは次回に持ち越します。



YSP名古屋北
柴田







暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ④

昨年末の続きです。

「暖気運転は止めましょう。」は、どこからきたのか?


それは環境問題から来ました。
地球温暖化の原因の一つであるCo2を削減した方が良いからです。

IMG_20211204_180101














エンジン
の組み立て精度が上がったからとか、オイルの質が良くなったとか、はたまた燃費改善のためではありません。

「地球にやさしくしたいから。」です。


トラックとかの大排気量エンジンに比べればバイクが排出するCo2は少ない量ですけれども、「やらないよりはやった方が良い。」「出来ることからコツコツと。」の精神からですね。


もちろん写真ラベルのような車両火災などの心配もありますが、そんなモノは後で付けた理由ですな。

最近のクルマやバイクには、更なる「アイドリングストップ」という機構がついておりますが、あれも同じです。
一見は燃費向上に役立ちそうですが、実際にはほとんど影響ありません。
環境への配慮が主な理由です。

ただし最新のクルマ業界では、「アイドリングストップもほとんど意味がないのでは?」という流れになってきていますので、ひょっとしたら暖機運転も復活するかもしれません。

だって機械的には間違いなく暖機運転は必要ですから・・・。




次回は柴田が個人的に思う暖機運転のやり方編です。


YSP名古屋北
柴田 典生












暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ③

わたくし、実は暖機運転も暖機走行も両方やります。

もちろん長時間アイドリングを続けるという事ではありませんが、オッサン整備士の習性として暖機運転を行います。

昔キャブレターしかなかった時代、暖機運転をしないと夏でもアイドリングが安定しませんでした。
2サイクル車であれば暖機をしないとエンストを繰り返し、まともに発進さえできませんでした。

それに前回の「運行前点検」とは別の意味で、「全気筒、爆発しているか?」「オイルは漏れていないか?」「エンジンから異音はしないか?」など、本物の運行前点検を行わないと怖くて出発できない時代でしたから。

ただし当時の暖機運転は、今とはちょっと様子が違います。
「サイドスタンドで立てて、セルでエンジンかけて、後はアイドリングで放っておく。」
それ自体が不可能でしたので・・・。


古いバイクはエンジンをかける時、チョークを引っ張ります。
全部引っ張るか? 少し引っ張るか?
エンジンが上手くかかった後、アクセルを軽く煽りながら少しづつチョークを戻して、理想の回転数に落ち着くことを目指します。
全てオーナーの経験と勘で決まります。

失敗してアイドリングせずに止まってしまえば、もう一回キックでエンジンをスタートしましょう。

さらに単気筒や2気筒は振動が大きく、アイドリング中に何時スタンドが外れてバイクが倒れるかも分かりません。
実際にイタリア製などのバイクは、スタンドが外れるどころか「振動でスタンドが折れた。」という事も珍しくありませんでした。
また長時間アイドリングで停車させておくと配線ビニールやゴム類が焦げ臭くなってきて、最悪火災が発生します。
わたくし、実際に某ドイツ車から煙が出たトコロを目撃しております。

まぁね、当時はイタリアもドイツのメーカーも「そんなもんだ。」で許された時代です。
メーカーや販売店に若造が文句を言えば、「ちゃんと見てないお前が悪い。」と逆ギレされてお終いでした。

sGTH_LxTqhRVk-0




















これはダンキン、昭和のボケですね。



そんな訳で、キャブレター時代は右手でアクセルを握りながら耳と鼻を頼りに、各点検しながら暖機運転を行うのが当たり前でした。
「放っておく。」なんてことは、怖くてできませんよ。

その習性から抜け出せないという意味合いもあり、少々の暖機運転を相変わらず続けております。
(少々の意味は、後日改めて屁理屈を並べます。)







それにしても「暖気運転は止めましょう。」というのは、どこから始まったのでしょう?


次回はその辺りをご説明いたしましょう。



柴田





暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ②

前回の暖機走行について、正規ディーラー整備士目線での説明をいたしましょうか。

固いっすよ・・・。
カチカチのマニュアル的な説明ですが、大事なお話です。

IMG_20211204_180101














先ずは実際に朝一でバイクに乗るときの流れで説明しましょう。
正しい? というか、実際の流れです。

① バイクに被せてあるカバーやロックを外し、バイクに乗れる状態にします。

② 必要であればETCカードを入れたり、荷物の固定などを確認します。

③ タイヤの状態(空気圧や異物)の点検をします。

④ メインスイッチをONにして、信号系電装(ウインカーやホーン)の作動点検をします。

⑤ 次にエンジンをスタートさせ、アイドリングさせます。

⑥ エンジンの回転数はあまり上げず、空ふかしはしないようにしてください。
(空ふかしをして調子が良くなるエンジンは、この世に存在いたしません。)

⑦ ヘッドライトなどの灯火類、メーターにある各警告灯を目視点検します。

⑧ ヘルメットを被り、グローブなどの装備品を準備しましょう。

⑨ バイクに跨り、各レバーの遊びや作動を点検し、ついでにブレーキフルードの量も見ておくべき。

⑩ ミラーの後方見え方も確認します。

⑪ ここからようやくギアを1速に入れて、スタートし暖機走行の開始です。

⑫ エンジンの回転をあまり上げずにソロリソロリと走り出します。
(回転をあまり上げない=車種によって回転数は違いますが、速度でいえば30km/hぐらい。)

⑬ ABSランプが消えるのを確認し(車種による。)、前後のブレーキの効きを実際にかけて点検します。

⑭ 水温計の目盛りが動き出すぐらいまでは急加速をせず、まだまだゆっくり我慢。
(だいたい65°~70°ぐらいで動きだします。)

⑮ 水温計がある程度上がったら、ようやく暖気走行終了です。
まだ本調子ではありませんが、普通に走ってかまいません。

IMG_20211211_161856




















皆さん、忘れていたでしょ?
というかメンドクサクてやってないでしょ。

「運行前点検」

本当はやらなきゃいかんのです。


バイクの運行前点検をきちんとして、ご自身とバイクの安全を優先すると、勝手に「暖機走行」となるのです。

実は全部やっても5~10分ぐらいですので、ぜひどうぞ。
次に乗るときから、ぜひやってみてください。



次回は柴田ならではの屁理屈を説明いたしす。

一部の方はお楽しみに!



柴田 典生





暖機運転は、した方がよいのでしょうか?

だんだんと寒くなり、本格的な冬が近づいてきました。

寒い季節になってくると、納車時などに良く受ける質問があります。

「暖機運転って、した方が良いのですか?」

この質問の答えを説明書どおりに答えるのであれば、「暖機運転は不要です。」となります。
外車などではタンク上に、「暖機運転禁止!」とまで書かれたステッカーがガッチリ張ってあるぐらいですからね。

IMG_20211201_140822




































ただしちょっと待ってください。
エンジンの材質はほとんどが金属です。金属であれば、熱による膨張は必ずあります。
またオイルは温度が高い方が流動性があり、ゴム類も弾性が上がります。

「物理的に考えれば、暖機運転は行うべきじゃないの?」

ハイ、その通りです。
いろんな機械、エンジンは常温前後で調子よく動くように設計されていますから・・・



ここが誤解されるポイントです。

本来の暖機運転とは、「サイドスタンドでバイクを支え、アイドリング状態で数分待つ。」という意味ではありません。

本来はエンジンを始動し、走り出してからの5~10分間はエンジンの回転数をあまり上げず、ゆっくり安全運転することが正しい暖機運転です。

そうなんです。今時の正しい暖機運転は、暖機走行と呼びます。

そういう暖機走行は必ず行いましょう。
「おすすめ!」ではなく、必ず行った方が良いですよ。




次回は整備士の立場からみた暖気走行、さらには柴田主観の暖機走行を説明いたしましょう。


柴田 典生









プロフィール

YSP名古屋北の中...

今さら始めたTwitter
愛知県西春日井郡豊山町という名古屋市北区のちょい上、小牧市のちょい下でヤマハのバイク屋さんを営業中です。国道41号線沿いで名古屋空港の近くです。 原付スクーターから輸入車まで、通勤用バイクからレース用まで、なんでもお任せください。 とりあえずテキトーに遊びにきてください。
ギャラリー
  • 暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ⑤
  • 暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ⑤
  • 初詣ツーリングを開催します。
  • SR400 ご納車おめでとうございます。
  • MT-09 ご納車おめでとうございます。
  • TRACER900GT ご納車おめでとうございます。
  • SR400 ご納車おめでとうございます。
  • トリシティ155 ご納車おめでとうございます。
  • 暖機運転は、した方がよいのでしょうか? ④