ヤマハのバイクのコトが知りたいのなら、どこに行く?

愛知県西春日井郡豊山町という名古屋市北区の上、小牧市の下にあるヤマハのバイク屋です。

YZF-R1のレーシングチーム

幻となった今年の8耐応援用です。

本来であれば11月に開催されるはずであった2021年の鈴鹿8時間耐久レース。

その時に発売される予定であった「2021年 鈴鹿8時間ヤマハ応援グッズ」が少量入荷しました。

(決してワイズギアが製造元にキャンセルが受け付けてもらえなかったから、全国のYSPに強制出荷された訳ではありません。)

IMG_20211016_103509




































さてと・・・真の8耐ファンであると自称するあなた・・・


当然、買うべきです。


というか買ってちょーだい。

ご購入をお待ちしております。


YSP名古屋北
柴田 典生



チーム マツナガは岡山も走っております。

久しぶりにレーシングチームの話題です。

当店が応援しているTEAM マツナガの面々ですが、主戦場である鈴鹿は8時間耐久レースが中止となるなど、フラストレーションが溜まる日々が続いております。

2021年はエースの松永選手を筆頭に、インタークラスのメンバーはサンデーロードレースより8時間耐久ロードレースに焦点を当てていましたので、耐久が中止になったために計画が大きく狂ってしまいました。

こんな時はマシン製作を進めるコトと、チームの若手育成に注力を注ぐことが正しい大人の行動ですな。

14805454798170




















いつの間にか鈴鹿サーキット内でも「大手チーム」の部類に入るようになったTEAMマツナガは、若手ナショナルライダーも多数在籍しています。


そんな若手ライダーは、2022年のためにチャンスがあればいつでもどこでも走るべき。
岡山国際サーキットなんて近いモンですわ。

9月26日、岡山では「MOTO Revolution with Moto Renaissance Rd.6」という(名前が長すぎ・・・)レースが開催されておりまして・・・


このレースのST600クラスに参戦しましたTEAM マツナガの若手、山極選手が見事にクラス優勝いたしました。

14810347596129




















公式リザルト
は混走なので分かりづらいですが、「区分」のところに「N」と記載されているライダーは「ナショナルクラス」と呼ばれるクラスです。
そのナショナルクラスでトップだと、「クラス優勝」となります。


素晴らしいです。ブラボーです。あんたが大将(古っる!)です。
なんせ鈴鹿に比べて走りなれていない岡山で優勝ですから、うれしさもマシマシです。

山極選手、優勝おめでとうございます。

14810347849459





















2022年、ぜひTEAM マツナガを期待してください。
変わらぬ応援をよろしくお願いします。




YSP名古屋北
柴田 典生






YZF-R1/6のレースベース車ご予約開始です。

あらゆるバイクの生産が遅れている中、2022年のレースシーズンに向けてレースベース車が発表されました。

くわしくはリンク先のヤマハニュースをご覧ください。


YZF-R6レースベース車 
pic_0021




















YZF-R1レースベース車
pic_001 (2)




















元々レースベース車は完全受注生産品なのですが、2022年のサーキット走行をお考えの方は例年より「即予約!」が必須となっております。

例年だと予約期間中に正式注文すれば、ほぼ納期ピッタリにバイクが入手できました。
当店では過去より何台も注文しておりますが、今まで「注文が予定生産台数を上回ったため、これ以上は注文できません。」となった事はありません。

だがしかし、次回は分かりません・・・。

世の中全てで半導体が足りずに、大減産が続いているのはご存じだと思いますが、バイク業界で足りないのは半導体だけではありません。
事実として今年の7月から始まったOFFロードレーサーのYZシリーズは、同じように受注生産品にも関わらず、発表からわずか12時間で完売してしまいました。
「今年は数量限定です。」という正式アナウンスが事前になかったため、多くのライダーが購入できずに終わってしまいました。

「締切までゆっくり考えるわ・・・。」「二次予約までに考える。」方は、場合によっては入手できないかもしれませんよ。


当店では本格的なレース参戦用マシン製作から普通の走行会仕様まで、マシン作成のお手伝いができます。


「贅沢な大人の遊び道具として、とりあえず買っとく。」

そんな方からのご相談をお待ちしております。


YSP名古屋北
柴田 典生


BATTLAX 鈴鹿走行会のお知らせです!

コロナの収束がなかなか見えませんが、世の中は収束よりも「コロナとどう付き合っていくか?」に方向が変わってきましたね。


そんな中、ブリジストンBATTLAX-PRO SHOP走行会のお知らせです。

runningparty-bnr







11月16日 火曜日 朝8時30分より、三重県 鈴鹿サーキットにて開催です。

参加費用は 12,500円

お申込みは当店にて随時受付中です。


※ ブリジストンタイヤを、当日前後装着しているバイクしかご参加いただけません。
※ ご参加はナンバー付の一般車両で合法車に限ります。


くわしいお問合せ、ご参加につきましては当店までどうぞ。




YSP名古屋北
柴田 典生






VR46 今シーズンにて引退。

「泣く子も眼を見張る。」

全盛期のVR46のコーナリングは、泣く子も黙り涙を拭いて眼を見開くほどの凄まじさでした。

「そのプラプラした脚は何なんだ?!」と・・・



VR46 とは、 Valentino Rossi ヤマハのゼッケン46を指します。

pic_001 (1)















先日、今シーズンをもってMotoGPから引退することが正式に発表されました。

彼のレース戦績などの功績は書ききれないので省きますが、アマチュア時代にはアプリリアを、プロになってからヤマハとホンダとドカティを操り、シーズンOFFにはフェラーリF1テストに参加し、4輪のWRCマシンでスバルとプジョーとフォードのハンドルを握って公式戦まで出場したヤツは、VR46のただ一人です。
まさにモータースポーツのために生まれてきた人物です。




「それだけ乗って、死ななかった。普通の身体で引退できる。」

これが彼の最高の勲章であって欲しい。
今シーズンの残りのレース、どうか無事でありますように祈ります。



※ CR7より、VR46の方が先です。こっちが元祖です。

YSP名古屋北
柴田 典生








プロフィール

YSP名古屋北の中...

今さら始めたTwitter
愛知県西春日井郡豊山町という名古屋市北区のちょい上、小牧市のちょい下でヤマハのバイク屋さんを営業中です。国道41号線沿いで名古屋空港の近くです。 原付スクーターから輸入車まで、通勤用バイクからレース用まで、なんでもお任せください。 とりあえずテキトーに遊びにきてください。
ギャラリー
  • 幻となった今年の8耐応援用です。
  • 2022年のYZF-R1は「買い。」なのか?
  • 2022年のYZF-R1は「買い。」なのか?
  • 祝復活! 忘年会ツーリングのご案内です。
  • 全日本トライアル選手権シリーズ 中部大会 ヤマハチケット
  • ヤマハの手 「アルファ価値」とは?
  • ヤマハの手 「アルファ価値」とは?
  • TRACER9GT ご納車おめでとうございます。
  • 乗らずに学べるバイクレッスン