YZF-R1のレーシングチーム

鈴鹿2&4 JSB1000の第2戦

泣けるわ・・・。 

感動だわ・・・。 


何が泣けるって本日、鈴鹿サーキットで開催されている、
「鈴鹿2&4 2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦」

コレの予選リザルト(A)です。

1位 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
2位 Team HRC                                            
3位 Kawasaki Team GREEN                    
4位 ヨシムラスズキMOTUL 

日本の4大メーカーのトップチームが並んだリザルトです。

そこのおじさん HRCですよ、HRC

10年ふりに復活したHRCさんの名前です。
いいんです。他メーカーでも盛り上がればいいんです。

この並び方、いったい何年ぶりでしょう・・・。

各チームのライダーさん、がんばってください。

私はこの予選リザルトだけで、乾杯って感じです。

PRO-TEC名古屋北 
柴田 典生

YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 35

優勝で幕開けした2018年鈴鹿サンデーロードレース

今回も予選はポールポジションでした。
決勝スタートも前回と同じ、ゆっくりスタートで1周目は2位ぐらい。
2周目で前に出て、そのまま安全運転でゴールして優勝です。

素晴らしいです。 文句なしです。 天晴です。

天候も晴れ、マシンも順調、ライダーも健康&元気丸出し・・・。

だからドラマがねぇ・・・。 ネタがない。


DSC_9331

















いやいや一個ネタがありました。
今年より追加された悪魔のレギュレーション、その名も「押して歩け!」です。

MotoGPではすでに導入済ですが、スターティンググリッドにマシンを整列させる際、最後尾からはバイクのエンジンを切って人力でバイクを押して自分のグリッドに並べるルールが鈴鹿でも採用されました。

昨年まではエンジン掛けたママで、各ライダー間を走り抜けて自分のグリッドに行けばよかったのですが、危険防止のために導入された新ルールです。

鈴鹿の通常スタートはいいんです。
メインスタンド前のメインストレートがスタート位置ですから・・・。
あそこは下り坂ですので惰性でそのまま行けますし、押すのも楽勝です。

問題は今回の西コース、いわゆる裏のストレートです。
西コースでレースの場合、スタートラインはこの裏のストレートになります。

写真で分かるとおり、結構な上り坂なんですわ。

ここをピットクルー含めた皆で押して歩きます。

友達が少ない人は大変です。 っていうか夏は無理ですわ。 たぶん死ぬ。

よりによって松永選手、ポールポジションです。
よーするにに1番前まで、押さなきゃならんのです。


いやー今回参加していただいたヘルパーさん、ご苦労様でした。
次回の第2戦は待望のフルコース。
バイクを押す苦労はございません。
次回は綺麗なピットに広い駐車場、快適なレストランとトイレもあります。

それに同時開催の「8耐トライアウトFINAL」もありますよ。


しかし「国際レーシングコース上で、バイクを押して歩く。」はある意味貴重の経験ですな。

練習中の転倒やトラブル時はもちろん、今は8耐とかでもレース中にコース上、マシンを押して歩く事は禁止されています。
もう千石さんのような伝説は生まれません・・・。

提供はPRO-TEC名古屋北の禁煙に成功した柴田 典生でした。

YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 34

優勝で幕開けした2018年鈴鹿サンデーロードレース

天候気温、路面状態のすべてに恵まれた気持ちの良い開幕戦でした。
けっこう好きな西コースで、狙いどおりのタイムも・・・。

  西コース?

知らない、聞きなれない方がほとんどじゃないでしょうか?
今回はそこからご紹介いたしましょう。

鈴鹿フルコースの全体図は、ご存じの方も多いハズ。
この全体図の左側が、「西コース」と呼ばれるコースです。

05_16













いわゆるショートカットコースですな。
もう一個の昨年走った東コースに比べて、メリハリがあり走っていて楽しいコースです。
ただグランドスタンドやメインのピットがある東側と違い、ピット回りは若干ショボイです。
立派な建物もありませんので、一気に「サンデーレース」っぽく、平和な感じです。
DSC_9263

















テントも自前で、4輪駐車場の自分達のトランポ前に陣取ります。
一般道からの入口ゲートも別にあり、華やかなメインコースとは何もかもが違います。
このノドかな感じが好きっていうライダーも多いコースです。
DSC_9262


















ここでお知らせがございます。

今年、2018年に当チームの松永選手が着用するレーシングスーツ、
いわゆるツナギのデザインに挑戦してみませんか?
アトリエワン

























松永選手は今年、小牧にあるツナギ専門店のアトリエワン様にサポートがいただける事になりました。
つきましては大至急ツナギを作成することになりまして、デザイン案を募集しております。

マシン基本色はアオ、シロ、シルバーの3色ですが、カッコ良ければ特別コダワリません。
ただしヤマハワークスライダーや、他チーム様のプロライダーと同じデザインはアウトです。

ちなみに今回のようなサポートでいただけるツナギの場合、
あまりに凝ったデザインで、作成の手間が多大なモノは依頼できません。
まぁ、大人のマナーですわ・・・。

締切は決まりはありませんが、早くないと採用できません。
審査員は松永選手本人と、ゆかいな仲間達数名です。
私ではありませんので、よろしく。

ご応募後、採用させていただいた方には 「何か。」 を当店よりプレゼントいたします。
ちなみに 「何か。」 はその場のノリで決定しますので、お楽しみに

PRO-TEC名古屋北
柴田 典生













YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 33.5

前回、速報でお伝えいたしましたが・・・。

松永選手、公約どおりに優勝いたしました。
予選1位のポールポジションから、安定の周回を重ねての1位ゴール
文句なしの優勝です。

今回、鈴鹿まで多数の応援に来ていただき、誠にありがとうございました。
DSC_9359

















レース展開やその他は、後日小出しで解説を・・・。


他の2名、山本選手林選手も無事に完走しております。
結果はリンク先にてご確認ください。いいんです、安全第一です。


で、ひょっとしたらコレが今回の1番のサプライズ?かも・・・。

ナント

PRO-TEC名古屋北RACING TEAMに、レースクィーンが誕生いたしました。
DSC_9308


















仲川 望愛さんです。

本物です。冗談ではなく、本職のレースクィーンさんです。
たまたま通りがかった訳ではありません。
弱みを握った訳でもありません。

ちょっとしたご縁があって、今シーズンは毎戦レースクィーンをしていただけます。
つまり鈴鹿まで応援にくると、彼女に会えるという意味です。

レースの応援か、彼女の応援かは問いません。
第2戦は5月末、5/26&27の開催です。
応援、お待ちしております。

PRO-TEC名古屋北 
柴田 典生









YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 33

優勝いたしました。

速報です。写真も何も現在はございません。
3月25日 鈴鹿サンデーロードレース 第一戦 西コース
当チームのゼッケン41番、松永選手が安定のポールポジションからのスタートで、無事優勝いたしました。

皆さんの応援のおかげです。
ありがとうございました。

詳細や写真は後日にUPいたします。
お楽しみに!

PRO-TEC名古屋北 
柴田 典生

ギャラリー
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行きましょう ♪ 更新
  • Rシリーズ限定 下取りサポートキャンペーン
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 35
  • 高速試乗出来ます! 試乗2時間コース
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 34