PRO-TEC名古屋北での事。

XSR700 & XSR900が発表されました。

たまには商売に係わる話題にしてみましょう

だいぶ前から「出る出る、きっと出る。」と言われていた
XSR700がついに、ようやく出ました

ただ昨年からwebを賑わしていた、「グリーン」が無いのを
びっくりした方も多いでしょう
18_MTM690_DRMD_3


















これはヨーロッパでも、2018年モデルにグリーンが無くなってしまったので、
単純にカラーを世界的に統一したかっただけでしょうね。


おそらく車両情報や乗車インプレッションは、
今後に他のブログや雑誌で、山ほどUPされます。
その辺はプロの方達にお任せするとして、
私は例によって、別目線でのUPとしてみましょう

ただ本日現在、私達も現物を見て、触って、乗った事がありません
メーカー公式発表内から、皆さんが???と思うところに焦点を当てます。


Q, 先ずは色「ダルレッドメタリックD」って、どんな赤?
A, 2014年モデル、マジェスティSの赤です。
Y2LD100-2014D0000
実は他にもJOGやVINO、
SR400にも採用された
事があります。
ヤマハにとっては、
おなじみの赤です。






Q, 「マットグレーメタリック3」はどんなグレー?
A, 現行XSR900のシルバーと同じです。
  (知っている人が多いから、画像はパス)

Q5KYSK112G03






















Q, EU仕様はシート高が815mmなのに、なぜ日本仕様は835mm?
A, なんと!EU-YAMAHAの記載ミスです。いわゆる誤記です。
   EUは誤記が判明していても、修正しない伝統?があります・・・。
      ただしくは日本記載の835mmです。
engine











Q, EU仕様は74.8psなのに、なぜ日本仕様は73psなの?
A,  現在探索中です・・・。マフラーもECUも、XSR700は全部同じです。
   ひょっとしたら、またもや誤記?・・・

18_MTM850_VRC1_3


















つづいてXSR900ネタを少々・・・

なぜか公式HPやカタログに大きく記載されていないところで、
新しくOBDが装備されました。
OBDとは、いわゆる自己診断機能です。
OBDは詳しく書くと、半年ぐらいかかりますのでやめときます。
例によって、例のごとく、「自分でググる。」。がんばってください。

後はオプションとして用意されている「クイックシフター」が即装着できるように、
配線が追加されています。   あくまで「配線だけ」です。

それと馬力が6ps上がりました。
こっちは本当  に上がっています。
が、しかし 正直言って、体感はできません・・・。

注目はなんと言っても新カラー、「ビビッドレッドカクテル1」ですね。
おじさん達には懐かしい、「ヤマハの赤」です。
最近?だと、YZF-R25の赤/白の赤い部分や、シグナスXの赤です。

20150420_YZF-R25_ABS_YZF-R25A_VRC1_3


















という訳で、売る気があるのかないのかよくわからない  商品説明でした

だって、普通の事書いても面白くないんだもん・・・。

(普通の事はヤマハHPにて、ご覧になってください。)

また変なネタ仕入れたら、UPします

提供は当然、PRO-TEC名古屋北 柴田でした。

YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる ⑫

汗と涙感動の組立編の続きです。

前回に続きまして、レーサーならではのパーツのお話です。

俗にいう「冷却系」です。

R1でスプリントレースを、ナショナルクラスレベルで走るなら、
ラジエーターやオイルクーラーは真夏でも純正でOKです。

実はライダーは、レース中に水温計をちゃんと見る事はありません。(できません。)
オーバーヒートでパワーダウンを体感するまで、回し続ける人たちです・・・。
マシンを作る時は、それを踏まえてオーバーヒートしないマシンを作ります。

先ずはラジエーターファンを取り外します。走行風の通りを悪くするだけで、用無しなのです。

ただコースアウト時に砂利をかぶる事に備えて、コアガードは付けたいのですが、
市販のラジエーターコアガードは、真夏のレーサーでは使えません・・・。
目が細かすぎて、風が抜けないのです。

とっても目の粗いメッシュを付ける事になりました。
YZFR1 010














カウル形状も、「空気を前から入れる。」事より、「空気を後ろに抜く。」方向で作成されます。
風洞試験設備を持っているようなショップはあるハズないので、正直センス&勘ですね。

冷却水などが通る冷却ライン系は、ヤマハに限り純正そのままです。
実はヤマハの各パイプ&ライン設計製造のレベルは、R1用に限らず世界トップクラスです。
「流体をスムースに通す。」事に関して、ヤマハの技術を超えることは並大抵ではありませんので、
ラジエーターキャップも含め、そのままです。
(キャップの耐圧力を上げても冷えません。むやみに上げると、デメリットしかありません

また一般のラジエータークーラントはレギュレーション上で使えません。
理由はコース上でこぼれた場合、とっても滑るからです。
真水、またはアルコール系のレギュレーション対応クーラントに交換が必要となります。
真水で冷却の役目は十分に果たすのですが、入れっぱなしだと金属部品にトラブルが発生します。
そのため走るたびに、毎回抜かなければいけなくなります。
それはメンドクサイので、良く冷えて対応品の「ワコーズ ヒートブロック」に交換です。


ただ「ヒートブロック」は冬には凍ります。冬に走らないレーサー以外は使えません。
ちなみに一般のクーラントは約ー40℃まで凍りませんが、肝心の冷却効率は劣ります。
冷却効率の高い真水や、ヒートブロックは0℃で凍ります・・・。

レーシングマシンは年中分解整備しますので、季節ごとの入替えぐらいは苦ではありませんが、
公道を走るバイクは、クーラント入替えを季節ごとに行うのは大変です。
そのためにワコーズさんの公道用では「ヒートブロックプラス」という商品がありまして、
こっちだとー12℃まで凍りませんし、冷却効率もソコソコです。
81Evo97Pb6L__SL1500_


















冷やす事に興味のある方は、「ヒートブロックプラス」を是非お試しください。
ただ我々の場合、3℃も下がれば「良く冷える。」と言いますので、
公道用バイクに入れても、水温計の針はほとんど動きませんが、
エンジンの中は間違いなく、しっかり冷えていますので、ご安心を


何が凄いかというと、ここまでワコーズさんの事を書いたのに
当店では売っていないというのがスゴイ

(欲しい人は一言ください。ワコーズさんから取り寄せます。)


いかん 冷却の能書きだけで長くなり過ぎた

次回こそ、簡潔に短くしてみせる

提供はPRO-TEC名古屋北 柴田でした。







鈴鹿サンデーロードレース 最終戦 応援募集!

清秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

たまには固い挨拶から始めてみようかと・・・。

向いていないですね
無理は禁物、やめておきます・・・
header








11月 25、26日 土日
鈴鹿サンデーロードレース 最終戦が開催されます。

「第53回 NGKスパークプラグ杯 鈴鹿サンデーロードレース最終戦」
http://www.suzukacircuit.jp/sundayr/schedule.html


 当然、出ます
  たぶん2人

そして、応援&賑やかし募集です
仕事してくれなんて言いません。
応援、声援、賑やかし 何でもOKです。

レースに参加する側を、覗いてみませんか?
グランドスタンドからは見えない裏側を、見てみませんか?


11月25日 土曜日 早朝から練習その他で、イロイロ忙しい日
11月26日 日曜日 朝っぱらから、予選と決勝

土日どっちか1日だけでも、十分楽しめますよ

お問い合わせその他はお店へどうぞ。

提供はPRO-TEC名古屋北 柴田でした。

YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる ⑪

汗と涙感動の組立編の続きです。


前回のハーネス組込から始まり、他のパーツをドンドン組立てます。

マフラーやバックステップなど、一般的なパーツの話はつまらないので、ここでは省きますわ。
今後しばらくは、レーサーならではのパーツをご紹介していきます。

ピンポイントの方にしか、喜んでいただけない内容が続きますにで、ゴメンナサイ

「Translogicレース用ECU対応シフタースイッチ」です。

いわゆるクイックシフト、クラッチ操作なしでシフトアップ&ダウンが可能になるスイッチキットです。
今のところ、MFJレギュレーション可、レース用ECU対応、ブリッピング含めた反応速度、
信頼性のトータルで選ぶとコレが1番良いらしいです。
元ヤマハワークス監督の難波さんの会社が売っている以上、疑ってはいけません。

シフトアップ機能は、純正でもついています。
これは素早いシフトアップができ、加速を途切れさせない事が目的です。
対してシフトダウン機能は、素早いシフトダウンが1番の目的ではありません。
左手のクラッチ操作なし、ブリッピング(勝手にアクセルを回し、回転を合わせてくれる)
事によって、全神経を右手のフルブレーキングに集中できる事が1番の目的です。
決して左手が疲れるから、装着する分けではありません。

さらにコレ、ちょっと面白い機能があって、付属ボタンを押すと勝手に1分間レーシング(空ぶかし)
してくれるんです。

何に使うかというと、暖気運転しながらオイル漏れや各部作動点検が1人で出来るんです
アイドリングではなく、レーシングしてくれるトコロが、レースメカニックの気持ちが
分かってくれています。
さらに1分後に勝手に最低回転アイドリングに戻りますので、ラジエーターファンの付いていない
レーサーでも、オーバーヒートの心配も少ないですし。
(今はレーサーでもアイドリングありです。大昔のレーサーはアイドリングが無でしたが
YZFR1 012

















「アルミオイルキャッチタンク」
もです。

万が一のエンジンブロー時に、オイルをコースにぶちまけないよう、レギュレーションで取付を
義務付されています。
純正のR1だと、「絶対取り付ける場所がねぇ!」というサイズですが、要らないパーツが外してある
レーサーには余裕でクランクケース上に取り付けられます。
ただこの部品、取付義務があるのは日本だけなんです・・・。
EUやUSAの主なレースでは、レギュレーションで取付義務はありません。
  ↑ コレ知っていると、通っぽいですよ。
001

















「8耐のこぼれ話っぽい話し」


ちなみにレーサーが良く取り付けているパーツで、「ガソリンキャッチタンク」というパーツがあります。
これは燃料タンクを交換や改造した場合は取付義務がありますが、実は純正タンクを無改造で
使用している場合は不要なんです・・・。
ただ純正タンク使用でも、ガソリンのオーバーフローパイプやオイルブリーザーパイプなどは、
アンダーカウル内に流出するように、取り回しや長さを変更しなければなりません。
アンダーカウルはレギュレーションで、ガソリンやエンジンオイルが噴出した時、
受け止めて溜めておけるような構造になっていなければなりません。
これはトラブル発生時、コース上にガソリンやオイルを巻き散らかさないようにです。

ただし正常に走行していても、ちょとずつ吹き出してアンダーカウル内に溜まっていきます。
溜まったガソリンとオイルが混ざり、エキゾーストパイプの高温集合部分に触れると、当然燃えます。

今年の8耐後半で、某HONDAさんのチームのマシンの下回りから、火がでました

アレです。 コレです。 コイツが犯人です。

だからマシンを知っていて出火原因を推測できる方たちは、マシンが燃えていても慌てませんでした。
事実、消火作業のためのピットインはさせませんでしたね?

「ほっとけば全部燃えきって、すぐに消えるわ。」という判断でした。


このように燃料系の処理やアンダーカウルは、外側からはわかりませんが公道用のバイクと
大きく違うポイントです。

公道用は路面に全て垂れ流してOKです。
アンダーカウルはエアダクトや穴があり、雨水が溜まらないようになっています。
(レーサーも雨が降った時だけ、水抜き穴の使用OK)
005













パーツのお話はまだまだ今後に続きます。
ブリッピングやオーバーフローなど、聞きなれない用語もでてきます。


長くてメンドクサイと思う方は、頑張って全部読んでください。
当ブログは用語説明はいたしません。自力でググってください。

当ブログはレースベース車取付説明書と同じく、「雑」です。ご勘弁を



提供はPRO-TEC名古屋北 柴田 典生でした。




早くも忘年会 2017年 開催のお知らせです

bounenkai-logo1










    早すぎの2017年開催のお知らせです。 

早すぎのご案内なのは、十分承知しております。

ただ、たくさんの皆さんにご参加いただきたくて、 
お忙しい皆さんのスケジュールに、一筆加えていただきたくて、 
たまにはライディングウェアを脱いで、酒も少々・・・。 

細かい事は、後で決めます
先に言ったモン勝ちです
とってもザクッと発表します

日時   12月2日 土曜日  PM 7:00ぐらいから、
場所   名古屋駅から徒歩圏内の、昨年とは違う居酒屋で、
料金   たぶん4~5千円の、飲み放題付のコース料理を囲んで、
ゲーム 景品(豪華か貧相かは、社長次第?)もらって、

BMWもヤマハも、全部まとめて、
2017年 大忘年会 を開催します

thumb_afbe1ebea8a42d90731e81755a2fed13










お申込みやお問い合わせは各店スタッフまで、お気軽にどうぞ。

詳しいことは後日に、私ではない誰かが考えてくれて、
改めて発表いたしまので、本日は以上


BMW R41 & PRO-TEC名古屋北 柴田 典生


ギャラリー
  • YSP鈴鹿サーキットラン ご参加の方へお知らせです。
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • 10/29『まるは食堂 土管坂ツーリング』開催決定!
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる ⑭