乗車写真

S1000XRのローダウン仕様車と標準車の足つきを比較いたしました。(おちょぼ写真もあります。

昨日の定休日は、
お医者さんに行き、薬を頂きました。
鈴木でございます。

さて、先週末は
「初走り!おちょぼ稲荷ツーリング」
を開催させて頂きましたが、
店舗では予定通り、2016年モデルの
『S1000XR ローダウン仕様車』
が入荷しておりました。
DSCF4864_1280
DSCF4856_1280

ここで少し整理しますと、
昨年、日本へ初導入されたS1000XRは、
本国仕様でいう所の「ローシート」が日本仕様として、
入ってきており、
欧州仕様:840㎜に対し、
日本仕様:820㎜でございました。

そして今年、2016年モデルはさらに、
『ローダウンサスペンション』が日本仕様でも選択出来る様になり、
15年モデル比でシート高が30mm下がり、790㎜となりました。
(スダンダード車もオーダー可能です。)

DSCF4908_1280

ただ、実際の足つき具合はスペックだけでは分かりませんので、
一部のお客様から
「本当に日本人標準体型で非常に親しみを感じます。」
と評された私、鈴木がモデルとなり、
試乗車の15年モデルと比較致しました。

ライダーのスペック
身長168㎝ 体重62kg  股下72cm
(正月太りから絶賛、改善中です。)
K49ロー乗車 (1)_1280

ライト・ホワイトが15年モデル
レーシング・レッドが16年モデル(ローダウン仕様車)

まずは、両足着きで足つき性をチェック。
横から
K49乗車 (2)_1280
K49ロー乗車 (5)_1280

真後ろから
K49乗車 (1)_1280
K49ロー乗車 (2)_1280
パッと見で違う位の差がございます。
15年モデルですとお尻をずらして、片足のつま先がやっとですが、
16年モデルですと、両足のつま先がちゃんと着きました
この差は非常に大きいです!!

ただ、停車時はお尻をずらして片足着くだけで、
全然大丈夫な方も居られますので、
片足着きでもチェック。
横から
K49乗車 (3)_1280
K49ロー乗車 (4)_1280

真後ろから
K49乗車 (5)_1280
K49ロー乗車 (3)_1280
どちらとも足は伸びきっておりますが、
16年モデルだと土踏まず前まで設置しており、
かなり安心感が出ました!
これなら私でも大丈夫です!!

また、長距離を一気に走る方にとっては重要な、
膝の曲がりも気になる所ですが、こちらもチッック。
K49乗車 (4)_1280
K49ロー乗車 (6)_1280
これに関しては、両車ともシートとステップ間は同じなので、
同じ結果になりました。

膝の曲がりはゆるく、脚周りは非常に広くて、
タンクとのフィット感も上々。ニーグリップもしやすいです。
また、上半身はかるい前傾で、ハンドル位置も遠すぎず、
腕を伸ばした所にございますので、
長距離を走行しても疲れにくいようになっているのが、
写真から見て取れるかと思います。

四発好きの方にはたまらないエキゾーストサウンドも持ち味、
そのエンジンから生み出される、
パワーをしっかり受け止めるアルミのシャーシ。
DSCF4903_1280
路面状況やスピードに応じて対応する、
セミアクティブサスペンション。
先進のABS Pro。

純正オプションでトップケースやパニアケースも用意され、
前述のポジションと相まって長距離ツーリングもこなせる。
DSCF4906_1280
そんなオールラウンダーなクロスツアラーモデルとして、
非常にバランスのとれたモデルでござます。
DSCF4911_1280

WEBや印刷物ですと実際のカラーが、
正確にお伝えできませんので、
この機会にご来店頂き、
カラーや足つきやポジション。
さらに試乗して頂いて、
S1000XRを是非ご検討頂きたいと思います。
DSCF4877_1280

鈴木でございました。
 (やはり病院で処方された薬の方が効きます、おかげか大分と良くなりました。)

BMW Motorrad Dealer R41  0568-39-0555
PRO-TEC名古屋北              0568-29-0505 
YSP天白             052-803-2524

NEXT EVENT
2月21日(日)
『行くぞ!鳥羽・浦村牡蠣ツーリング!』

国生による『初走り!おちょぼ稲荷ツーリング』でのお写真。序章

AM 9:20 店舗の親父さんのメダカの鉢の表面に氷…メダカは大丈夫なのか!?
DSCF4821_1280

AM 9:30  気温は低いが天候には恵まれて、快晴。

DSCF4823_1280

AM 9:50 お久~な方もツーリング参加常連な方も初~な方も
「さむ~い。」
P1240318_1280
続く…。

「C650GT」の足つき性&乗車姿勢の話。撮影いたしました。

本日は久しぶりの晴れ間で、暑かったです!
鈴木でございます。

さて、
先日の認定中古車の「C650GT」、
お蔭さまでお問い合わせを頂いて、
その中で「足つき性はどうなの?」
と言うお問い合わせが有り、いつもなら、
「当ブログで写真をご覧頂ければ…」
とお答えするのですが、
写真がございませんでした。
そこで早速、国生に撮影を頼みました。
ご覧頂きたいと思います。
DSCF0383_1280
(おっと、この写真の解説は後で…)

もちろん、跨るのは一部のお客様から
「本当に日本人標準体型で非常に親しみを感じます。」
と評された私、鈴木でございます。
ライダーのスペック
身長168㎝ 体重62kg  股下72cm
(これから食欲の秋…。用心せねばですね。)

足つき性
まずは両足着きで横から。

DSCF0371_1280
シート幅というか、シート下のトランクスペースの関係か、
横に幅がございまして、私の体格ではつま先ツンツンでございます。
両足着きで後ろ
DSCF0377_1280

ただ、設計の工夫が
ステップボードにあり
下の写真の通り、丁度足を出す所で絞ってあります。
ですので、もう少し体格があれば大分、結果は違ってきます。
DSCF0380_1280

お尻をずらして片足をつけば、かかとまでバッチリ着きます。
DSCF0376_1280

DSCF0378_1280

と、ここまでネガの部分がクローズアップされてる感がありますが、
乗車姿勢に目線を移すと一転、話が変わってきます。

乗車
姿勢
DSCF0376_1280
足元に余裕がございますし、
アイポイントとメーターとの距離があり、見やすいです。

さらに、サービススタッフの岡本に協力してもらい、
タンデムでの写真をご用意致しました。
DSCF0383_1280
ご覧下さい、ライダー(私)とパッセンジャー(岡本)の間にも、
しっかりと空間もあり、窮屈さを微塵にも感じません。
ストップ&ゴーが続いてもヘルメットがぶつかりにくいですし、
大型で横に張り出してるタンデムグリップも握りやすい場所で、
パッセンジャーの安心感につながっています。

また、この車両ではトップケースも装備しており、
パッセンジャーの方はトップケースが背もたれになりますので、
楽ですし、乗車中の安心感が大きくなります。
タンデムでのツーリングが多い方へ、
特にオススメできます。

後は電動で可変する大型スクリーン大型カウルに、
グリップヒーターシートヒーターとで風雨や寒さからも、
しっかりライダーを守りますので快適性も備えております。
DSCF0322_1280
後は実際に跨って、ご確認頂ければと思いますので、
皆様のご来店をお待ちしております。


鈴木でございました。
 (今回の台風、コースは直撃でしたが幸い何の被害も無くて一安心です。)

BMW Motorrad Dealer R41  0568-39-0555
PRO-TEC名古屋北              0568-29-0505 
YSP天白             052-803-2524


NEXT EVENT
9月13日(日)「信州そば!ビーナスラインツーリング」

本日の国生のお写真
「ふわっとした世界」
DSCF0239_1280

明日から3日間「S1000XR デビューフェア」+「足つき&乗車写真」掲載

昨晩、サービスの岡本が、
S1000XRの試乗車の、
慣らし運転に出かけていきましたが、
何故か、背後に国生の乗るR1200RTが見えました。
2台でどこまで行ったのでしょうか…
鈴木でございます。

さて、本日は皆様お待ちかね
「S1000XR 足つきチェック&乗車写真コーナー」
この全く新しいモデルの足つき性をご案内させて頂きます。
DSCF9124_1280

ちなみに他モデルは下記リンクを参照の事。
(初出が2013年!? R1200GSから始めたんですね…。)
これまでの乗車写真の記事

さてXRですが、跨るのは一部のお客様から
「本当に日本人標準体型で非常に親しみを感じます。」
と評された私、鈴木でございます。
ライダーのスペック
身長168㎝ 体重62kg  股下72cm
(この夏の暑さでも体重が減らないです。)

足つき性

まずは両足着きで横から。
DSCF9121_1280
つま先、ギリギリです。

と、言いたい所ですが実は…
DSCF9120_1280
そうなんです、片足でつま先しか着いておりません。
これは、シート形状がツーリング向きで幅広になっていたり、
サスペンションの沈み込みが少ないのが要因でないかと思われます。
・・・ちなみに現行R1200GS(シート高850mm)の方が足つき性は良いです。

より、分かりやすく後ろから
むむむ…
DSCF9125_1280

どーやっても両足が着きません…
DSCF9126_1280
悲しいかな足つき性チェックマイスターである、
私の体格が最大限に生かされた結果になりました。

ですが、悪い事ばかりではございません。
それが見た目で分かるのが次の写真。
乗車姿勢の写真
DSCF9123_1280
非常に膝の曲がりが緩いのがお分かり頂けますでしょうか。
これなら、ロングツーリング時でも、
膝が悲鳴を上げる事は少ないでしょう。

また、ヒップポイントが高い=視点も高いので、
見晴らしも良く、
景色を楽しむ事も出来ますし、
遠くまで見渡せ安全にも走りやすいです。

さらに、コーナリングが好きな方にとっては、
ヒップポイントの高さをメリットに感じて頂けれるかと思います。

こんな方にオススメ
オフ車も含めて様々なモデルをお乗り頂き、

「走る事自体がまず好き!ツーリングも好き!軽いのが好き!」
という方に
一番オススメしやすいと思います!

ただ、BMWには「アドベンチャーモデルのアイコン的存在」
この分野でのデファクトスタンダートたるR1200GSがございます。
「見た目の大きさやカタログ上の車重に反する、
取り回し・運転・五感で感じる部分の驚異的な軽さ」

そこから実現される姿はまさに、
「道を選ばないアルティメットツアラー」
(国生の造語?もしくは何かしらのうけうり?)
DSCF7232_1280

対して、S1000XRはオンロードが主体で、
楽な乗車姿勢とヒップポイントの高さを生かし、
コーナリングを楽しみ、ありあまるパワーで道を駆け抜けてく、
「ハイスピードパフォーマンス・スポーツツアラー」

(昨晩、国生もXRを乗ったようで、
 今朝、私がXRを一言で言うと?という問いに対しての答え)

K48 S1000XR (7)_1280
 
車歴や年齢や乗り方・使い方で感じ方は様々でございます。
これはもう…試乗して頂いて皆様個人個人で、
検証して頂くのが1番だと思います!!

と!言うわけで…前置きが長くなりましたが、
明日から3日間
「S1000XR デビューフェア」を開催!
DSCF9152_1280

ご商談・ご試乗記念品も、
数量限定でご用意しております。

が!
それよりも当店には、
「15’R1200GSの試乗車」
もございますので比較試乗も可能でございます。
さらにローシートのご用意もございます。
DSCF9154_1280

是非この機会に、
ご購入を迷われてる方、
迷い過ぎて分からなくなった方は、
今週末、当店にてご試乗して頂きたいと思います。

なお現在、新車で直ぐお渡しできる車両として
「15’R1200GS アルピン・ホワイト」
がございます。
DSCF9153_1280

来週には、これまた直ぐお渡しできる
「15’S1000XR レーシングレッド」
が入荷してまいります。
K48 S1000XR (5)_1280

暑い夏
さらにBMWはブランニューのS1000XRを投入し、
ヒートアップしております!
皆様のご来店お待ちしております!!

鈴木でございました。
 (映画「ジュラシック・ワールド」、良かったです!次は「キングスマン」かな?)

BMW Motorrad Dealer R41  0568-39-0555
PRO-TEC名古屋北              0568-29-0505 
YSP天白             052-803-2524

NEXT EVENT
8月23日(日)「いとしろ収穫祭ツーリング」


2015年モデル・水冷R1200Rの足つき性チェック!

先日、USJで私が撮ってきた写真の出来が余りに良すぎたのか、
国生がデジカメを買い換えてしまいました。
・・・Fujiのデジカメの発色の良さに二人してメロメロです。
鈴木でございます。

さて、先日に続いて
「2015年モデル 水冷R1200R」
の記事になりますが、
本日は当ブログでの人気コーナー、
「足つき&乗車写真」をアップさせて頂きます。

モデルは勿論「ジャパニーズスタンダードな体格」
私、鈴木でございます。
ライダーのスペック
身長168㎝ 体重61kg  股下72cm

(年齢と共に正月太りから戻りにくくなったような…?)

水冷R1200Rのスペック
日本仕様 シート高:760mm(カタログ値)

足つき性
両足着きで、土踏まず前までしっかり着きまして、
とても安心です。
K53乗車写真 (2)_1280
K53乗車写真 (4)_1280
*760mmの低シート高でも、ベタ足にならない所が、
足つき性チェックマイスターである私の
存在価値があるかと思います。

右足をステップに載せての片足着きですと、
左足はベッタリと地面に着きます。
全く不安がございません!
K53乗車写真 (1)_1280
K53乗車写真 (5)_1280

乗車姿勢
まず気づいたのが、空冷Rよりもタンクが上に盛り上がっているので、
上方向にはボリュームがございます。
逆に、このRやGS、RTは同様に、タンク後端がギュッと絞られ、
シートの前端も絞られていて、ガニ股になりにくく、
ニーグリップが非常にしやすいです。
K53乗車写真 (3)_1280
ハンドル位置は個人的に、もう少し手前にあればいいかなと思います。
ハンドル幅は程よく、下半身のポジションもユッタリとしていて、
緊張を強いられません。
横風やわだち等の外乱でも落ち着いて対処できそうです。

写真では伝わらないですが、
取り回しは軽くて、ハンドルの切れ角も大きく、ボクサーエンジンならではの、
低重心でとても取り回しもし易いです!

さらに日本仕様は標準で純正トップケースとパニアケースが取付できるよう、
ラゲージラックパニアケースホルダーも装備しております。

セミアクティブで、とても賢いサスペンション「ダイナミックESA」
安全に走る為にはこれから必須になりそうな「ダイナミックトラクションコントロール」
走り出せばクラッチレバー操作不要の「シフトアシストPRO」
国生曰く、ゆるい渋滞時にも重宝するらしい「オートクルーズコントロール」
とか、まだまだいろいろな充実した装備が付いて、
車両価格が1,690,000円~(税込)(カラーにより異なります)
というのは、バーゲンプライスではないかと思います!!!

水冷フラットツインの元気さを存分に味わい、
街中はもとより、郊外に飛び出てワインディングを駆け抜け、
さらにタンデムライディングやロングツーリングをもこなす万能モデルです。

私も試乗車が出来上がってくるのが、とっても楽しみでございます。

鈴木でございました。
 (フラットツインは魔物でしょうか?国生がドップリはまってしまっております。)

BMW Motorrad Dealer R41  0568-39-0555
PRO-TEC名古屋北              0568-29-0505 
YSP天白             052-803-2524

NEXT EVENT
3月8日(日)「大人の遠足 浜名湖お出かけツーリング」
      どうか晴れますように!

国生の本日の一枚
「店長とお揃い」
P2200399_1280
※左の赤いケースのがコクショウのnewカメラです。

2015年モデルS1000RR、乗車姿勢と足つき写真を撮影。

アッという間に1月最後の日曜日になりました。
コクショウです。

さて、連日のごとく「S1000RR」の記事をアップしておりますが、
とりあえず、本日が最後の予定となります。

WEB掲載用の撮影がやっと終わりました。
S1000RR15モタスポ (4)_1280

S1000RR15モタスポ (18)_1280

S1000RR15モタスポ (8)_1280

さぁ!恒例になりました「乗車写真コーナー」です。
では早速、いつも通り鈴木店長に跨ってもらい足つき性と
乗車姿勢をチェックしたいと思います。
ライダーのスペック
身長168㎝ 体重61kg  股下72cm

足つき性
片足のつま先が着くので、いっぱいです。
S1000RR15乗車姿勢 (1)_1280

S1000RR15乗車姿勢 (3)_1280

うーん、乗りなれた方なら問題はなさそうですが、
両足つかないと怖い。という方だと不安そうな感じ。

乗車姿勢
S1000RR15乗車姿勢 (2)_1280

思いの外、シートの高さに対してハンドルが低くありませんので、
上半身リラックスで構えられます。
ハンドル幅も程よくあるので、窮屈なポジションを強いられません。

番外編
もし身長175㎝のライダーが乗るとどうなるかというと…
停車時
S1000R 2015 入荷 (9)_1280
両足ベッタリ

乗車姿勢
S1000R 2015 入荷 (8)_1280
全く不安なし!

しかし…1000㏄のSSとは思えないほど全体としてはコンパクトです。
しかも、とてもキレイなデザインです。(主観を多分に含む。)
もし、僕がオーナーになったら行く先々で写真撮りまくってしまいそうです。
S1000RR15モタスポ (10)_1280

S1000RR15モタスポ (9)_1280

左側と右側とで驚くほど印象が異なるので、
どっちから撮ろうかなーとか悩んでみたり。
S1000RR15モタスポ (22)_1280

S1000RR15モタスポ (5)_1280

S1000RR15モタスポ (21)_1280

ガレージを開けたら、そこにS1000RRがある状況。
考えただけでも興奮してきますね。
逆光とS1000RR

ちなみに今なら売約済みですが、
ブラックも入荷してまいりましたので、ブラックもご覧いただけれます。
2015 S1000RR モタスポとブラック

夕焼けと2015 S1000RR モタスポとブラック

それでは、皆様のご来店をお待ちしております。


でわでわ(。・ω・)ノ゙
「無事、家に帰れる人が運転上手い人!」
(先日のメカニックの又吉さんへのバースデープレゼントはビール!
ハッピーバースディ!)

BMW Motorrad Dealer R41  0568-39-0555
PRO-TEC名古屋北              0568-29-0505 
YSP天白                  052-803-2524


本日のコクショウの一枚
「RnineT」
R nineT
ギャラリー
  • 9/9-10開催「BMW Motorrad Days 2017」のご案内
  • 9/9-10開催「BMW Motorrad Days 2017」のご案内
  • 6月16(金)~18(日)「G310R デビューフェア」開催!
  • 6月16(金)~18(日)「G310R デビューフェア」開催!
  • 6月16(金)~18(日)「G310R デビューフェア」開催!
  • 6月16(金)~18(日)「G310R デビューフェア」開催!
  • さようならと、ありがとう。Only Oneな「WR250X・R」
  • さようならと、ありがとう。Only Oneな「WR250X・R」
  • さようならと、ありがとう。Only Oneな「WR250X・R」