乗りこなせるSSとして人気のYZF-R7ですが、まだまだカスタムパーツが少ないです。

その数少ないカスタムパーツを探し出し、走行性能をUPするコトに執念を燃やすお客様の車両です。


このオーナー様はサーキット走行を念頭に置いてのカスタムなので、ひたすら「実用」に拘ったパーツ選びとなりました。

GBRエンジンカバーやL字タイヤバルブの定番品は即装備
IMG_20220720_142947IMG_20220720_142954








バックステップやレーシングスタンドフックも、サーキットには欠かせません。
IMG_20220720_142851IMG_20220720_142928








程よい開度のハイスロットル、FRPタンクカバーとシングルシートは綺麗に仕上がっております。
IMG_20220720_142908IMG_20220720_143031












残りの問題はサスペンションですね。
ノーマルサスのままだと、ちょっとグリップの良いタイヤに即負けちゃいます。
特にリヤサスに不満が出ております。

フロントスプリングは他車からの流用品でなんとかなりそうなんですが、リヤはどうしようねぇ・・・。

実はR7のリヤスプリング、スプリング自体はYZF-R1より固いのです。
実質リンク無しのために、直付けサスユニットにありがちな固い固いスプリング & ロングストロークを使用しているので、合いそうな社外サスペンションがない!

サスをオーダーで作るほどの予算はかけられないので、思案中です。





ボルトンオンではない、創意工夫でタイムUPという結果を狙うカスタムは大変です。
それに完璧なマシンを作ったとしても、今のトコロ出場できる公式レースはない・・・。


目的は只一つ、「速くなると楽しい!」それだけです。



YSP名古屋北
柴田 典生