今年から始まったPRO-TEC名古屋北RACING TEAMのお話です。


先ずは名乗りを上げたお客様と、一緒に私と無理やりに歩ませるスタッフのご紹介です。

  Mさんが名乗りを上げた張本人です。
①で上げた「やたら速い人」です。
気風がよく、実力もあり、行動力の塊のおじさんです。

  もう一人がHさん。
このおじさんはバイク経験は長いですが、レースマシン&参戦は初めての方です。
Mさんのご友人で無口で強面ですが、とっても気さくな人です。


二人ともすでに鈴鹿サーキット公式HPリザルトに、おもいっきり「PRO-TEC名古屋北 M 又は H」と、
フルネームで記載されていますので、個人情報もなにもありませんな・・・。
今後この2名は、「ライダーM 又は H」と呼ばれていきます。


「レーシングライダー」「レーサー」、何という甘美な響きでしょう。
そんな風に呼ばれてみたい!
西春日井郡豊山町民の羨望の的です。

この2名が我がPRO-TEC名古屋北RACING TEAMの中心、メイン、主役です。


あとは大口社長を代表に、スタッフ以下省略です。
当店HPに顔写真とフルネームなど全て記載されていますので、スマホ通信量に余裕のある方は確認をどうぞ。

DSC_9063


















さてこの二人、無事にレーシングマシンに乗る事ができるのか?

12月の時点では、まだまだ分かりません。
だって私、まだ大口社長に一言もレース活動の許可とってないんだもん。


とりあえずノリで、2台のYZF-R1の注文を承りました。
大口社長は12月に2台、YZF-R1が売れた事を大変快く喜んでおられます。
後は大安吉日晴天の日に、風水的に良い場所で、社長のご機嫌が麗しい時を見定めて、
メダカの話の合間を縫って、レース活動の許可を得るのみ



大変そうな事は極力後回しが私のモットーです。
だから次回の③は、マシンのご紹介です。
お楽しみに

今後も続くであろう乱筆乱文、無礼不躾をご容赦ください。

提供はPRO-TEC名古屋北 柴田 典生 でした。