アクセサリークーポン:プレゼントキャンペーン!

¥108.000-(税込)アクセサリークーポンプレゼント!!

ヘリテージモデル(RnineTシリーズ)限定
 のアクセサリークーポンを、只今プレゼント中です。

BMWの純正アクセサリーやオプションパーツご購入にお使い頂けます。

2018年3月31日までの間に、RnineTシリーズをご成約(およびご登録)
 頂いた方にお使い頂ける、期間限定のキャンペーンです。

IMG_0090

















こちらは、RnienTPURE の車両です。

IMG_0092

















メーターをツインメーターにしております。


IMG_0905

















※こちらは、RnineTPUREを弊社にて塗装致した車両です。

車両カスタムとなりますと、
ツインメーターにしたり、シートを変えたりと、あれこれ出てしまいます

いかがでしょうか?
ヘリテージモデルは、カスタムパーツも豊富にラインナップしてございます。

ヘリテージモデルの気になる車種がおありのお客様は、
ぜひ、この機会をお見逃しなく。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。
BMW Motorrad Dealer R41
TEL0568-39-0555






















YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 27

今回は本題とソフト路線に戻ってレースのお話で行きましょう。
車検やブリーフィングも無事終わり、「後は走るだけ。」からです。

先ずは予選ですが、実はあまりネタがない。
各ライダーは、おおよその自分のベストタイムをすでに知っています。
無理して転んだら元も子もありませんので、いつも通り走って目標タイムを目指すだけ。
また30分の予選時間では、マシンの大きなセッティング変更もできませんし、当チームの松永選手の普段のタイムからすると、始まってしまえば「ほどほどに頑張るのみ」です。
まぁ実際サンデーレースのこのクラスだと、よっぽどの事がない限り予選落ちはありませんし・・・。

2015r1meter















さっさと決勝レースのお話なんですが、この第4戦はご存じのとおり、松永選手が2位に入ったレースです。
以前にも紹介いたしましたが、たまたま3位の方がユーチューブにてUPしていただいておりますので、レース運びの解説はいたしません。

https://www.youtube.com/watch?v=dldBoopuhmo

せっかくだからこの動画、ちょっと違う見方をしてみましょう。

しっかりメーターが写っていますので、そこに注目してみます。
先ずはスタートですが、撮影者の方はYZF-R1でローンチコントロールを使用しています。
このシステム、R1に限らず他メーカーさんも純正採用されていますが、実戦ではあまり使うライダーさんはいません。やはり松永選手も使っていません。
理由は一つ、「手でクラッチミートした方が、速くスタートできるから。」です。
純正システムだと実際には、加速が遅いか or 前輪が浮きすぎてしまうか、どっちかになる事がほとんどです。
グっとレベルの高いシステムだと使った方が速いのでしょうが、純正レベルだとあまり使えないのです。

次に走行中はこの東コース、ストレート以外ほとんど3速しか使いません。前走者を抜くポイントもあまり無いコースです。
走っているライダーは必死ですが、外から見ている限りは今イチ凄さが伝わらないコースなのは残念無念。

ただタコメーターを見ると非常に勉強になりますよ。サンデーで3位に入れるライダーの、ブレーキングやアクセルONのタイミングがバッチリ分かります。
特にS字のライン取りには注目してください。コーナーのどの時点でアクセルを閉じ、いつバイクの向きが変わりアクセルを開けているのかが分かりやすいです。

この動画のマシンのメインストレート、よく見るとコントロールラインの結構手前で6速に入っています。前走の松永選手は、まだ5速で引っ張っている時点で6速に入れています。
そのためストレートエンド手前で伸びきってしまい、松永選手に近づけません。
ライダーさんの腕は十分速いのに、ちょっと勿体ない感じ・・・。

171112gp_rd18_008













皆さんはMotoGPや8耐のオンボードカメラは見る機会はあるとは思いますが、彼らワークスライダーの走りは余りにもレベルが高すぎて、参考にするのには無理があります。

この3位のライダーの方ぐらい、「普通の人達の中では速い人。」の映像だと、理解しやすく参考になります。

次回は決勝レース後のお話かな・・・?

1月末までに時系列が追い付かないと、今年の話がUPできない
ちょっと急ぎます。

提供はPRO-TEC名古屋北 柴田 典生でした。

RIDE/STYLE BMWウェア

BMW RIDE/STYLE 純正ウェアのご紹介
BMW Motorrad の商品には、純正ウェアが多数ございます。
当店では、その純正ウェアの商品を多数展示してございます。

もう、上から下までBMWで揃っちゃいます。
(もちろん、メンズ/レディース各種サイズございます。)

RIDE/STYLEの商品は、
オートバイに乗る上で必要な機能を追求し、開発された商品です。

そんなRIDE/STYLEの商品の中で、弊社では特に
皮系のウェアを中心に取り揃えております。
(やはり、見た目がかっこいいですからね。
ファイル 2018-01-16 17 49 56





























こちらは、ブラックレザージャケット
¥85.644-税込み

ファイル 2018-01-16 17 49 32





























こ~んな感じで、ヘルメットからグローブ、ブーツに至るまでございます。
展示のジャケットは、クラブレザージャケット
¥59.400-税込み

ファイル 2018-01-16 17 50 18





























こんな商品もあります。
こちらは、ロゴソフトシェルジャケット ¥20.520-税込み
こちらは、布製で革の商品ではありませんが、軽くて普段オートバイに
乗らない時でも着て頂けるジャケットです。
(当店のスタッフも着ております。)

いかがでしょうか?
バイクウェアも上下揃えることが出来きるBMWで、
ツーリングなどを趣味にされてみては!

現在のBMWは、多種多様にラインナップしてございます!
詳しくは、下記URLをご覧下さい。
http://www.bmw-motorrad-sor.jp/


ご興味のある方は、是非当店ショールームにお越し下さい。
皆様のご来店をお待ちしております。
BMW Motorrad Dealer R41
TEL0568-39-0555



ギャラリー
  • YZF-R1/M & YZF-R6 2018年モデル 先行予約締切日です。
  • バイクのドラレコ、取り付け致しました!
  • バイクのドラレコ、取り付け致しました!
  • バイクのドラレコ、取り付け致しました!
  • バイクのドラレコ、取り付け致しました!
  • バイクのドラレコ、取り付け致しました!
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 31
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 31
  • 今年初めて御納車させて頂きました!