本日は多忙を極めております…。が、R1200Rダークホワイトが入荷しております。

休み明けの仕事日は電話やら来店やらでドタバタです…

そんなドタバタした中でコソッ?と入荷してきました。

R1200Rダークホワイトです。
R1200RDH

R1200RDH1

出品写真を撮影しようにも、もう夕焼けで染まっておりましてダメです…
なので明日撮影するんですが、最高に恰好良いです。
とってもエレガントなんです。
90thモデルがブラック×ゴールド
で、今回はホワイト×ブラック
大きく印象が異なります。
明日ちゃんとした写真で記事にいたしますので…

こう、ご期待!

ご来店お待ちしております。

でわでわ(。・ω・)ノ゙
(1日が36時間位あれば多少はマシに…なるのか!?)

営業 國生 0568-39-0555

NEXT EVENT1月26(日)「年明けダヨ!お千代稲荷ツー」


現在参加募集中のツーリング・イベント等の詳細は⇒
コチラ




乗車時の写真ページを新設いたします。

いつも当ブログをチェックして頂いていられる方も、
初めて閲覧して頂いてる方も、
こんにちは!國生です

営業日は必ず1日1件の記事を!というノルマをですね…
昨日はあまりの忙しさに


スカッ!

と出来ませんでした。楽しみにして頂いてる方に深くお詫びを申し上げます。


さて、先日アップしましたF700GSの比較写真の記事
とてもアクセス数が多く、
それならばシリーズ化しデータベース化した方が喜んで頂けるかと思いまして、
記事カテゴリーとして新設し一覧で見て頂けるようにする事にしました。
単純にスペック値だけでは分からない足つき性ですが、
少しは想像しやすくなるかと思います。

日常業務もありますし、展示車の絡みもあり急に増やす事はできないので、
徐々になりますがご期待ください

ちなみにF800GTは昨日撮影済でございました。
F800GTノーマル横
足つき性だけでなくハンドルとシートの位置関係にも注目頂けると、
また面白いかと思います。
F800GTノーマル後ろ

でわでわ(。・ω・)ノ゙
(消費税アップの波が来てます!3%は大きいですよ

営業 國生 0568-39-0555

NEXT EVENT1月26(日)「年明けダヨ!お千代稲荷ツー」


現在参加募集中のツーリング・イベント等の詳細は⇒
コチラ





2014 F700GS ローダウン仕様と標準仕様を比較してみました!(詳細写真アリ)

前回の記事(2014 R1200GS ローダウン仕様と標準仕様を比較してみました!)が、
いまだにアクセスランキング上位に位置し、
シート高(足つき性)への関心が高い事を再認識しました。
そこで、今回はF700GSをターゲットに比較したいと思います。
國生です。

モデルは前回と同条件がよろしかろうという所で引き続き鈴木店長にお願いしております。

國生 「ちなみに店長、股下はおいくつでしょうか?」(なんて失礼な質問なんだ…)

鈴木 『72cmでございます!自信ございます!』(何の自信なんだろう…?)
ちなみに体重は60Kgです。前回より1kg増えました…

というわけで前回記事も同じようにお客様ご自身と比較して頂ければ、
より足つき状態が想像しやすいかと思います。

では早速、

F700GS 標準車(メーカー公表値 空車時 シート高790mm)
ノーマル横

ノーマル後ろ

両足の親指の根元まで着くといったところ。

國生 「どうですか?店長」
鈴木 『こんだけ届けば別に不安は無いヨ。』

F700GS ローダウン仕様車(メーカー公表値 空車時 シート高765mm)

ローダウン横

ローダウン後ろ

両足土踏まずまで着いてる、といったところ。

國生 「どうですか?店長」
鈴木 『国内メーカーの250ccオフ車より足着き良いわ。
     もっと身長の低い方とか女性でも不安なく乗って頂けると思う。』

と、比較結果かなりの違いがある事が分かりました。
オフも走りたいけど足つきが…と懸念されてた方にとって、
とっても嬉しい結果かと思います。

F700GSはF800GSの下位モデルとも見られがちですが、
F800GS対比でエンジン特性がマイルドで疲れにくく、
サスペンションも従順で乗り心地も良いですし、
フロントタイヤが19インチとコーナリングも素直で、
何と言ってもチューブレスタイヤを履けるのがメリットです。
現行型だと最初からパニアケースホルダーも装備しています。
その他を見ても標準で、

・グリップヒーター
・LEDターンシグナル
・キャンセル可能なABS(林道等でキャンセルできるのは有難い)
・ブレンボキャリパー
・調整機構付きリヤサスペンション
・シフトポジショニングインジケーター
・外気温計
・燃費計
・ヘラーソケット
・センタースタンド(標準シート高のみ)


を装備しております。
これで車輌価格124万円(税込)ですので、
国内メーカーの他モデルと比較しても、そこまで高いワケではございません。
むしろ、ツーリングでご使用頂くと分かりますが、
『あぁ、BMWはちゃんとバイク好きがバイクに乗って作ってるんだなぁ。』
と満足頂けると思います。
例えば手元で表示切替可能なオンボードコンピューターであるとか。
一日でのツーリングで500km超という方が、珍しくないのがBMWオーナーの特色、
F700GSでしたらシート高も低く、運転も楽なのでトライしやすいと思います。

あと、バイク雑誌の「MOTO NABI」 2013 FEB [No.62]号の
-2012年のベストバイクを決めるモーターサイクル・オブ・ザ・イヤー-で
総合1位を獲得しております!!

これらの記事を見て「これなら乗れるかも…、欲しい」という方は是非、ご相談ください。

ご来店お待ちしております。

でわでわ(。・ω・)ノ゙
(日が短いせいもありますが一日がアッという間に感じます

営業 國生 0568-39-0555

NEXT EVENT1月26(日)「年明けダヨ!お千代稲荷ツー」


現在参加募集中のツーリング・イベント等の詳細は⇒
コチラ
ギャラリー
  • BMWサービス岡本。全国デビュー!?
  • Racing Teamからの重大発表! 宣言します!
  • Racing Teamからの重大発表! 宣言します!
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 43.2
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 43.2
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 43.1
  • 幸福の木??不幸の木!?
  • 毎年恒例! いとしろ とうもろこしツーリング
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 43