高速試乗出来ます! 試乗2時間コース

BMW Motorrad Dealer R41

しっかり走ってから決めたい。
そんなご要望にお応えするべく、試乗2時間コースをお作り致しました。

BlogPaint

















ご試乗頂くオートバイには、ETCが装着されておりますので、
高速道路もご試乗頂けます。
(ETCカードは、お客様にてご準備下さい。)
コース設定は特にありませんので、2時間お好きに走って下さい!
(通常の試乗コースのご試乗ですと、約15分程度です。)

なお、通常のご試乗と違いこちらは有料となります。
料金は、¥1.080‐税込です。

予約制となっておりますので、ご希望の方は予め当店までご連絡下さい。
他、ご試乗可能なオートバイ等、詳しくは当店スタッフまで
お問合せ下さい。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
BMW Motorrad R41
TEL0568‐39‐0555




YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 34

優勝で幕開けした2018年鈴鹿サンデーロードレース

天候気温、路面状態のすべてに恵まれた気持ちの良い開幕戦でした。
けっこう好きな西コースで、狙いどおりのタイムも・・・。

  西コース?

知らない、聞きなれない方がほとんどじゃないでしょうか?
今回はそこからご紹介いたしましょう。

鈴鹿フルコースの全体図は、ご存じの方も多いハズ。
この全体図の左側が、「西コース」と呼ばれるコースです。

05_16













いわゆるショートカットコースですな。
もう一個の昨年走った東コースに比べて、メリハリがあり走っていて楽しいコースです。
ただグランドスタンドやメインのピットがある東側と違い、ピット回りは若干ショボイです。
立派な建物もありませんので、一気に「サンデーレース」っぽく、平和な感じです。
DSC_9263

















テントも自前で、4輪駐車場の自分達のトランポ前に陣取ります。
一般道からの入口ゲートも別にあり、華やかなメインコースとは何もかもが違います。
このノドかな感じが好きっていうライダーも多いコースです。
DSC_9262


















ここでお知らせがございます。

今年、2018年に当チームの松永選手が着用するレーシングスーツ、
いわゆるツナギのデザインに挑戦してみませんか?
アトリエワン

























松永選手は今年、小牧にあるツナギ専門店のアトリエワン様にサポートがいただける事になりました。
つきましては大至急ツナギを作成することになりまして、デザイン案を募集しております。

マシン基本色はアオ、シロ、シルバーの3色ですが、カッコ良ければ特別コダワリません。
ただしヤマハワークスライダーや、他チーム様のプロライダーと同じデザインはアウトです。

ちなみに今回のようなサポートでいただけるツナギの場合、
あまりに凝ったデザインで、作成の手間が多大なモノは依頼できません。
まぁ、大人のマナーですわ・・・。

締切は決まりはありませんが、早くないと採用できません。
審査員は松永選手本人と、ゆかいな仲間達数名です。
私ではありませんので、よろしく。

ご応募後、採用させていただいた方には 「何か。」 を当店よりプレゼントいたします。
ちなみに 「何か。」 はその場のノリで決定しますので、お楽しみに

PRO-TEC名古屋北
柴田 典生













プレスト試乗車キャラバンだけど、BMWも乗れました。

3月31日と4月1日に開催された当店試乗会、多数のご参加ありがとうございました。

二日間ともに天気に恵まれ無事終了です。
日曜日は当レーシングチームのレースクィーン、仲川 望愛ちゃんも急遽来店
即席撮影会も開催されました。
IMG_3185s

















IMG_3192s


















今週末の4月7、8日は、YSP天白店で試乗会開催です。

天白店ではBMWのバイクは乗れませんし、望愛ちゃんも来店しません。
純粋にヤマハのバイクの試乗に行きましょう
本来はそういう日です。ヤマハのバイクを試す日です。

晴れる事を期待しつつ、ご来店をお待ちしております。

ギャラリー
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行ってきました。
  • 遅めの花見ツーリングに行きましょう ♪ 更新
  • Rシリーズ限定 下取りサポートキャンペーン
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 35
  • 高速試乗出来ます! 試乗2時間コース
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる 34