YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる ⑭

またもや汗と涙感動の組立編の続きです。

商売につながらない? 
つまらない話は今回でお終いの予定ですので、お付き合いください。


レーシングマシンにとって一番大事なブレーキ系です
ブレーキの話は長い、専門的な部分を削っても、とっても長くなります。
興味のない人は、本当にパスした方が良いと思います。


レーサーにとってブレーキは、止まるために付いているのではなく、
車速と荷重をコントロールし曲がり、ライバルの前に出るために付いています。
そして1番大事な事は「安全に完走し、ゴールラインを通る。」です。

YZF 008

















これを目標とすると、パーツ選択や組み方は公道用と大きく変わります。

 ABSは全て外します。純正で「スポーツ走行に適したABS」と書いてあっても、
   実際のレースでは役に立ちません。逆に危険なぐらいです。
      ABSを外すために、ブレーキホースは全交換します。普通のステンメッシュで十分です。
  ホースの 取り回しはレギュレーションで指定がありますので、それを守ります。
   かっこいい取り回しを工夫し過ぎると、レギュレーション違反となります。    

 レース向きブレーキパッドは、初期制動力を求めません。(握るとガツンと効くのは要らない。)
      高中速域での、コントロール性が重要です。
   また温度依然性があります。(冷えていると効かない。)
   各メーカーさんで、「レース用」とされているパッドを公道で使うと、
   赤信号で止まるとき、びっくりするぐらい効かないのは上記2点の理由です。
   レースパッドはコントロール性の要なので、ライダーの好みで選ぶべきですな。
   高級ブランドやメーカーさんへのコダワリは、捨てきりましょう。 いろいろ使ってみてください。

 ブレーキディスクは、厚みを増やします。(R1純正は5mm → 6mmに分厚くします。)
   厚くする事によって、キャリパーピストンの出が少なくすみ、タッチが向上します。
   また質量が増えるため、保温?能力も上がりますし、熱くなり過ぎも抑えられます。
   その効果は長時間のハードブレーキングを重ねたとき、はっきりと体感できるんです。
   厚くすると重量は増えますが、上記メリットの方が上回ります。
   材質は、「鋳鉄が・・・。」と言われますが、今時は鋳鉄のローターはありません。
   ステンレスをメインとした合金ですが、材質等は企業秘密なので、詳しい事は不明です。
   一昔前の鋳鉄ローターより、全ての性能が上なのは言うまでもありません。

 レーサーはリアブレーキをほぼ使いません。99%フロントブレーキだけです。
   ABSを外してある以上、純正R1のようにマシンコントロールを前後のブレーキが
   勝手にしてくれる分けでもないので、リヤブレーキは完全に不要です。
   ただリヤブレーキは、レギュレーションで必須だから付けてあるだけです。
   レーサーの走行中の写真でコーナーに入るとき、リヤタイヤが宙に浮いている写真を
   見た事がある人も多いでしょう。アレです。アレでリアブレーキを使っている訳がない。
   まぁピットレーン走行やスタート待ち時に、「あると便利。」ってぐらいかな?

 問題はフロントブレーキマスターシリンダーですね。
   レーサーは完全にエア抜きをし、一度の転倒なく走っていてもブレーキにエアが咬みます。
   ディスクとパッドの熱問題もあり、ブレーキタッチは1周目と15周目でタッチがはっきり悪くなります。
   社外品で、「ブレーキリモートワイヤー」なるパーツが存在するのは、このタメです。
   走りながら変わっていくタッチを、レーサーはストレートを走りながら調整するのです。
  
   当チームは上の問題を減らすために、古いモデルのYZF-R1用を使用しました。
   著名なブンボさんのは使いません。
   純正よりタッチが柔らかく、コントロール性はブレンボさんに軍配が上がります。
   ただ柔らかい分、エアが咬みやすいんですわ。
   そして咬んだ後、リモートワイヤーで調整できないほどに、タッチが変化してしまうんです。
   そうなると勝負所でブレーキング勝負ができないのと、安全に完走さえ危ういんです。
   全メーカー全種類のマスターを試せない、マスターをオリジナルカスタムできない、
   我々のようなプライベーターは、純正の安定感と信頼性を選んだ方が良いと思いました。

  ブレーキキャリパー本体は純正です。
   今のR1純正キャリパーで、キャリパー本体の性能に不満がでてくるのは、
   鈴鹿フルコースで、2分10秒が切れるようなライダーだけです。 
     雲の上の存在過ぎて、私には良く分からん世界です。
YZF 010


 
















      当チームの松永選手はブレーキングを得意としています。
   実際に前回のレースで2位入賞している以上、ヘタクソではないでしょう。

   実戦においては前のマシンを抜くときに、コーナーリングスピードUPより、
   コーナー入口で、とりあえず相手のインにマシンのノーズを入れる事ができるのは、
      非常に有効です。
   また鈴鹿だと、ブレーキングが上手い = シケインと1コーナーに強い
   という風になりがちですから、実戦には1番大事な部分と言えるかもしれません。

   実際のブレーキングは、タイヤやフロントフォークのセッティングも重要になりますが、
   ブレーキ系は他のパーツと違い、一般市販されているパーツの組み合わせ次第で、
   メーカーワークスマシンに近づける数少ない部分です。(金は掛かるけどね。)



ふぅ・・・。 これで一通りの構成パーツのお話は終了かな?
 後はひたすら組立ます。

今までのパーツも、「レーサーならではの組み方。」がありますが、
文面で表現するのは至難の業なので、そこは私がギブアップします。

次回は「カタチにはなりました。が、しかし オーマイガー」編に突入します。

提供はPRO-TEC名古屋北 柴田 典生 でした。



  
  
  
  

RIDE ON DIRT in SRAM PARK SETO開催です。

 走ってみよう 土の上

RIDE ON DIRT in SRAM PARK SETO 開催です。

11月26日の日曜日、愛知県瀬戸市のSRAM PARK SETOにて、
ヤマハ主催のオフロードレッスン&試乗会が開催されます。

土の上が初めての方向けのオフロードレッスンから、
経験者向けの基本レッスン、興味はあるけどとりあえず
試乗だけでもしたい方まで、全部まとめてOKです。

レッスンや試乗用のレンタルバイクもありますよ(有料)
OFF




































① 初めてのオフロードレッスン 定員10名
② オフロードレッスン     定員30名
③ 体験試乗          定員 8名

各コースそれぞれ定員があり、全て有料です。
事前のお申込みが必須となりますので、お早目にどうぞ。

詳細は ↓ にてどうぞ。

「ヤマハ発動機ホームページ」
    ↓
「イベント」
        ↓
「RIDE ON DIRT] 
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/event/rideondirt/

お問い合わせやお申込みは当店店頭へどうぞ。

PRO-TEC名古屋北 

お疲れ様でした!有峰林道ツーリング

10月8日に開催された「有峰林道ツーリング」

お疲れ様でした

214
















晴天に恵まれての無事開催でした。
XT250セローからVMAX1700、F800GTやらRnineT、YZF-R1まで
総勢14名の精鋭部隊?にて、無事終了です。
220

早朝からお見送りに
来てくださった方々、
ありがとうございます。


218














223















今回、写真が極端に少ないんです・・・。
参加していただいた方々はご存じのとおり、「諸般の事情により、写真班欠席のため」です。

違います。言い訳です。私のセイです。
せっかく集合場所に行ったのに、カメラを忘れたのは私です。

今回の写真は写っていない人、レーサー松永さんよりご提供いただきまいした。
ありがとうございます。


次回は写真を撮ります。
撮るように努力します。
誰か撮って・・・。

次回のイベントは・・・。  乞うご期待で

提供はR41の川中と、PRO-TEC名古屋北の柴田でした。
                   カメラを忘れたのはコイツ
ギャラリー
  • YSP鈴鹿サーキットラン ご参加の方へお知らせです。
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • BMW中部 道の駅スタンプラリー 2017 Goal!
  • 10/29『まるは食堂 土管坂ツーリング』開催決定!
  • YZF-R1で走るレーシングチームの片棒を担いでみる ⑭